スポンサーリンク

ティッシュケースの「PICCOLA」が本当におしゃれでお気に入り

「ティッシュケースってなんか、どれもちょっとダサい…?」

一人暮らしをはじめてインテリアにこだわりたいと思ってた頃、その想いがふと頭をよぎりました。そう、ティッシュケースって、正直、なんかかわいくない

そもそもティッシュって

置いてあるだけでかなり生活感がでません…?

ケースをつけずに放置するのは衛生的によくないし、かといって棚に閉まっておくのは不便。ということでネットでいろいろ探しまわり、duendeの「PICCOLA」をお迎えしました。

スポンサーリンク

duendeってどんなブランド?

duendeは、シンプルでかつミニマルなスタイルをもつインテリアブランド。ひとつひとつの商品が美しく写真に収められていて、公式サイトすらひとつの作品のように感じます。例えば、カテゴリー欄ひとつとってもこんな感じ。

(公式オンラインショップより)

サイトそのものが美しく、ミニマルかつおしゃれな商品を、最大限に、これでもかというほどに私たちに伝えてくれてます。

ブランド名の「duende」は、スペイン語で「魅了する」という意味。文字通り、目を奪われるようなブランドです。

ティッシュケース 『PICCOLA』の魅力

ティッシュケースがインテリアになる

この写真、我が家のPICCOLAです。

プラスチックでできた無機質感。柄もなくシンプルなカラーリング。丸みを帯び、柔らかさを感じさせる形。どの角度を切り取っても惚れ惚れします。ネットで見つけた時、見た目がストライクすぎて即決しました。

よくよく考えたらティッシュケースのデザインってあまり深く考えてこなかったから、あまりときめかないようなデザインのものを使っていたなぁと思います。

たとえば、実家のテーブルの上にリモコンと一緒に置いてある感じの、そういったアレ。

もう…最高すぎる!

ミニマルかつシンプルなフォルム

PICCOLA本体の横幅は6cmで、一般的なティッシュカバーの12cmと比べると設置面積はなんと半分!場所をほとんどとらないので作業スペースに置いていてもすっきりとした机を保つことができます。

ちなみにPICCOLAはプラスチック素材なのでお手入れはサッと拭くだけだから簡単。布カバーだと定期的に埃を払ったり洗濯しなきゃいけないし、木だと水回りでは使えないけれど、PICCOLAに関して言えばそれらの心配はもちろん全くなし。ティッシュケースとしての機能は抜群。

お気に入りの家具のひとつとして

「たかがティッシュケース、されどティッシュケース。」

ミニマリストたるもの、細部までお気に入りで満たされたい。ティッシュを使うだけで嬉しくなってしまうって、とっても素敵なことじゃないでしょうか?

毎日触るものだから、いいものをお迎えする。そんな気持ちでいると、きっとすてきなティッシュケースに出会えるかも。

DUENDE PICCOLA
フォーアニュ
タイトルとURLをコピーしました