スポンサーリンク

シロップ漬け氷砂糖「キャンディス」をカルディにて購入しました

以前Twitterにて話題になっていたミヒェルゼンの「キャンディス」を購入してみました。

話題になってからしばらくはお店にいっても常に品切れで買えなかったのですが、この間カルディに立ち寄った際、偶然チャイフレーバーのキャンディスを発見できたのでその場でお持ち帰りしました。

今日のおやつタイムにて試飲してとっても美味しかったので、見た目も味もとってもよいキャンディスをご紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク

「キャンディス」とは?フレーバーと使い方

 

キャンディスとはドイツ王室御用達メーカーMICHElSEN(ミヒェルゼン)が製造しているシロップ漬けにした氷砂糖のことです。キャンディスにはいくつかのフレーバーがラインナップされており、主な入手場所であるカルディでは「レモン」「アールグレイ」「ローズ」「ラム」「チャイ」の5つが取り扱われています。

Twitterのこの投稿がきっかけで一時期ネット界隈で話題になったキャンディス。わたしもこれでキャンディスのとっても可愛い見た目に一目惚れしてしまいました。

キャンディスはそのまま食べてもいいのですが、使い方としては他の飲み物や食べ物に混ぜて楽しむ方法があります。紅茶やミルクに溶かしたり、ジンジャーエールやサイダーに混ぜたり、ヨーグルトやアイスにかけてみたり…。またパンやケーキにかけても美味しいとの情報もあるので色々ためすのも楽しみのひとつかも?

フレーバーに即した使い方ならどのように使ってもOKです

注意してほしいのが「レモン」と「ラム」にはアルコールが5%含まれていることです。キャンディスを試したあとに車を運転してはいけませんよ〜。

[ad]

キャンディスを飲んだ感想

今回手にとったキャンディスはチャイフレーバー。

瓶をあけてみるとチャイの香りが漂ってきて、しっかり濃いめのシロップのお色に期待大。

スプーンですくってみると自然光にあたった氷砂糖がきらきらと光っていて惚れ惚れ。見た目がいいというだけでお家カフェのクオリティがかなり高くなる!レンジでしっかり温めた豆乳に小さなスプーン1杯分のキャンディスをいれると、豆乳の色がほんのり茶色にかわります。

一口飲んでみるとまずその甘さに驚き

2粒しかいれなかったのに豆乳がいつもよりとっても甘い!

キャンディスには何十粒の氷砂糖が入っているので、これ1瓶で一冬越せるくらい持ちそう。

そして後から来るほんのりとしたチャイの風味。市販のティーバックと普通の砂糖じゃ家で再現できない味に感動しました。

正直「見た目が可愛いかったから」というミーハーな理由で購入しましたが、売れ続けているのに納得する。ほんとうに美味しくて自分がカフェにいるような感覚になります。

[ad]

キャンディスの入手方法

キャンディスの購入場所

チャイフレーバーを飲んでみたらとっても美味しくて感動したので、別のフレーバーも試してみようかと気持ちになりましたが、次にカルディに行った時にはすべて売り切れ

話題になったのって1年以上前なのに…

だめもとで、ネットのサーフィンを駆け巡ってみたところAmazonや楽天には意外にも在庫が。

MICHElSEN キャンディス
燃えるカワサキグループ

2021/3/24時点の情報

実店舗で売り切れてても買えるからオンラインショッピングはやめられません

素敵なドリンクタイムを

キャンディスを加えただけでお家カフェのクオリティが急激にあがりました

可愛いし、美味しいし、1瓶で季節を越せるほどのコスパを考えたらリピートしちゃうかも?

お菓子作りにも活用しておやつタイムのレパートリーを増やしたい

とりあえず今年の冬はキャンディスにお世話になるつもりです。

MICHElSEN キャンディス
燃えるカワサキグループ
タイトルとURLをコピーしました