スポンサーリンク

Sharkの『EVOPOWER』で毎日の掃除機がけをラクにする

ミニマリスト 掃除機

現在の家に引っ越したタイミングで掃除機を導入しました

掃除機がけって重いし手が疲れるから昔からあまり好きじゃなく、旧居では床にモノを置いていなかったのでクイックルワイパーで掃除していました。しかし同棲し始めた彼の要望でソファやベッドフレームを設置したことにより、それだけでは十分に掃除ができなくなり。

いろいろ考えた結果、新居ではSharkの『EVOPOWER』を導入することに。すると、十分な吸引力や掃除機とは思えない軽さから掃除機がけが大好きになれたんです。

「掃除機=めんどう」という価値観がかわった…!

今回はみなさんに、そんなわたしの価値観を変えたSharkの『EVOPOWER』の魅力をお伝えしていきたいと思います。「掃除機がけは嫌いなんだ」というみなさん、必見です。

スポンサーリンク

Sharkの『EVOPOWER』って?

ミニマリスト 掃除機

超軽量な人気のハンディクリーナーです。

付属のフローリング用のノズルをセットすればコードレス掃除機になるアタッチメント式。

たしかにダイソンやマキタに比べれば、ミニマリスト界隈では知られていない存在。だけどグッドデザイン賞を獲得していたり、家電批評の「家電オブ・ザ・イヤー」に選ばれていたりとお墨付きの名品。

Sharkはもともと北米で人気のブランドで、日本に上陸したのは2018年と最近。しかしその年はアメリカでのコードレス掃除機シェア率1位に輝いており、あのダイソンを打ち負かすほどの実力があります。

私がはじめてこのブランドを知ったのはカナダのCOSTCOでした

なぜミニマリストがEVOPOWERを選んだか

わたしが購入したのはEVOPOWERの中でも付属品が充実している『EVOPOWER W35P』モデル。なぜミニマリストなわたしがこのモデルを購入するに至ったかというと、次の5つの理由があったから。

  • 追加バッテリー付属でパワフル稼働
  • ゴミ捨てはワンタッチ
  • 圧倒的に軽さ&省スペース
  • マルチに使えるアクセサリ
  • 品質はいいのにそこまで高くない

ひとことでいうと、いろいろ調べた結果「圧倒的に手軽に扱いやすそうなEVOPOWER」のなかの「用途が一番広いW35Pモデル」どれだけ掃除への手間や時間を減らせるかはミニマリストへの近道

つぎから具体的に説明させてください。

追加バッテリー付属でパワフル稼働

ミニマリスト 掃除機

このEVOPOWER W35P、バッテリーが2個ついてきます。

いままで軽量タイプのコードレス掃除機のデメリットとして「バッテリー持ちが悪い」というのが圧倒的に挙げられていましたが、EVOPOWER W35Pはそれに打ち勝つために予備バッテリーを備えたんです。

一つあたりのバッテリーは12分とややギリギリだけど、2つ使えば24分稼働できる。掃除機がけってそこまで豪邸でなければ20分かからずおわるもの。一般家庭では十分使えるレベルに達していると言えるでしょう。

ゴミ捨てはワンタッチ

ミニマリスト 掃除機

EVOPOWERのゴミ捨てはボタンを押せば完了できるワンタッチ方式。ゴミ箱の上でカチッとするだけ。

紙パックが不要なのでゴミに触れたりいちいち取り換えたりする手間がまったくありません。紙パックの在庫を管理しなくていいし、追加で購入する費用もかからない。

マルチに使えるアクセサリ

ミニマリスト 掃除機

EVOPOWER W35Pには専用のノズルが4種類ついてきます。

  • フローリング用延長ノズル
  • 隙間用ノズル
  • マルチノズル
  • 布団用ノズル

これだけあれば床・カーペット・布団・ソファ・家具の隙間・コードまわり・窓のサッシ・車のシート・ペットの毛・換気扇の網目などなど、どんなところでも対応できる。家中どこでもこれ1台でお手入れできる優れもの。

コロコロやハンディワイパー、クイックルワイパーはもういりません

圧倒的に軽さ&省スペース

ミニマリスト 掃除機

女性でも天井掃除がラクにできる

これが一番強調したいところ。とにかく軽くて扱いやすいんです。

EVOPOWERはなんと、本体重量620gしかありませんフローリング用ノズルをとりつけてもわずか820gという超軽量設計。ミニマリストの掃除機で超人気のマキタの軽量モデルでも本体だけで880gありますから、この数字がどれほどすごいかは一目瞭然。

掃除機の一番嫌なところって重たくて部屋移動が面倒だとか、手が疲れるとか、その重さが起因になることが多いのですが、この掃除機ならそんな悩みはすぐさま解決。

わたしがEVOPOWERのおかげで掃除機がけが好きになった理由はこれ!

品質はいいのにそこまで高くない

ここまでEVOPWERの好きな点を述べてきましたが、最後に後押ししてくれたのはその値段。

ノズルなどのアタッチメントや予備バッテリーなどを含めたW35Pの価格はなんと28,050円(2021年1月現在の公式価格)。

一般的なコードレスクリーナーからすれば少し高いように思えますが、ダイソンを倒す品質や使いやすさを考えればかなり割安ダイソンは一般モデルは6万超え、セールや型落ちでやっと4万ですからね…

毎日の嫌な掃除機がけを少しでもウキウキでのりこえるには、質のいい道具を使うのが近道です。

EVOPWERの実際の使い心地をレビュー

充電〜ハンディクリーナーとして

ミニマリスト 掃除機

EVOPOWERは充電中はこんな感じ。かなりミニマルなフォルムで、充電中でも省スペース

高さも全然ないので、机や棚の上に置いていても大丈夫なサイズ感。

ミニマリスト 掃除機

わたしは普段、洗濯機横の狭いスペースで充電しています。

掃除機って一般的なコード付だと収納スペースも多くとるし見た目がよくないけれど、これならかっこよくたたずんでくれるから好き。

ミニマリスト 掃除機

机の上や小さな隙間を簡単掃除。服に着いた毛やほこりなんかも大丈夫。小さいとどこにでも対応できるからいい。実家だったらペットの毛をとるのに使っていただろうな。

ミニマリスト 掃除機

ゴミがたまればゴミ箱の上でカップ取り出しボタンを押すだけ。カップが透けているのでゴミを出すタイミングもわかるのがいい。実家の紙パック時代を思い出すと感動してしまうほど楽。

付属ノズルをつけてみる

ミニマリスト 掃除機

フローリング用ノズルを取り付けるとこんな感じ。

スマートかつ高級そうな見た目に反して、これでも軽さは1kgを余裕で下回っています

ミニマリスト 掃除機

すいすい。

ミニマリスト 掃除機

わたしは非力なので重たいモノを持ち続けるのが苦手なんですが、それでも自信を持って「疲れない」といえるほどの軽さ

掃除機を持ち上げてかけるのに苦労していたテレビボード上など、EVOPOWERならラクラク掃除機がけができちゃう。ほんとうに手軽さという一点だけに絞っても、EVOPOWERが一番いい製品だなと感じます。

ミニマリスト 掃除機

コード裏や細い隙間、ちょっとした段差の上はお掃除ロボットには対応できないところ。この点だけでもコードレス掃除機を選んでよかった。「ここは入り組んでるから年末まとめてやるか…」なんて後回しにすることもない。

ミニマリスト 掃除機

専用の細口ノズルを使えば自力じゃめんどくさいソファの隙間や窓のサッシ、換気扇の網目のほこりとり、棚の裏なんかも余裕で対応できる。使用頻度はそこまで高くない、けれどこれがあれば綺麗さだけでなく清潔さも手に入りそう。

ミニマリスト 掃除機

ふとん用ノズルで布製品もラクラク掃除。

ソファやベッドは特に繊維がからまることもある

そんなときもEVOPOWERを使えばほこりや髪の毛をしっかりキャッチしてくれて、いつでも綺麗なごろごろライフへ。

粘着コロコロはもう不要!

補足:EVOPWERの種類

ミニマリスト 掃除機

コートもらくらくお手入れ

補足しておくと、EVOPOWERには現行3つのモデルがあり、それぞれの特徴はこんな感じ。

  • W25…充電バッテリー1個、フローリングノズルなし
  • W35…充電バッテリー2個、フローリングノズルなし
  • EVOPOWER Plus(W35P)…充電バッテリー2個、フローリングノズルあり

型番ちがいといっても異なるのは付属品くらい。バッテリーは2個もいらないけれど、フローリングノズルは必要なのでW35Pモデルにしました。

掃除機を変えるだけで、毎日の掃除がもっと好きになる

ミニマリスト 掃除機

以上、SharkのEVOPOWERのご紹介でした。

EVOPOWERの軽さと扱いやすさ、使い道の豊富さがわたしの掃除機がけをラクに、そして楽しいものにしてくれました。そうやって”掃除は疲れる”という気持ちを減らしていくと、「今日も部屋を綺麗にするためにやっとくか」と気楽にお掃除を始めることができます。

みなさんもぜひ最高のお掃除ツールをみつけだして、毎日の掃除をもっと手軽なものにしてみてください。そうすればもっと綺麗な部屋で快適ライフを送れるようになるはずだから。

この記事が掃除機がけが嫌いなあなたの参考になれば嬉しいです。

Shark EVOPWER W35P
Shark 楽天市場店
タイトルとURLをコピーしました